| |     latinica | english  
トップ
現代美術展「2+2 Report」開催のお知らせ
 現代美術展「2+2 Report」が10月19日~23日、セルビア共和国大使館で開催されます。
 
 2015年5月から6月にかけて、セルビア国営放送ギャラリーにおいて、ミラン・トゥーツォヴィッチ、サーシャ・マリアノヴィッチ、倉重光則、吉岡まさみの4人展「2+2」が開催されました。本展はその報告として、セルビア共和国大使館内で初めて開催される現代美術展となります。世代、世界観や手法がまるで異なる4人の作家によって生み出される現代美術の可能性をぜひご期待ください。
 
 
会 期: 2015年10月19 日(月)-23 日(金) 11:00-17:00(入場16:30 まで)
      ※10月19 日(月)のみ15時から水野俊介による5弦ウッドベース演奏
会 場: セルビア共和国大使館 東京都品川区北品川4-7-24
入 場: 無料
参加アーティスト:
      ミラン・トゥーツォヴィッチ (油彩を中心とした絵画作品)
      サーシャ・マリアノヴィッチ (アニメーション作品)
      倉重光則 (大使館の庭にインスタレーションを設置)
      吉岡まさみ (テープによる作品)
 
※大使館に駐車場はございません。近隣の私営駐車場または公共交通機関をご利用ください。
 
 
アーティスト紹介
 
ミラン・トゥーツォヴィッチ
 
 1965年にセルビアのボジェガ市に生まれ、1991年ベオグラード芸術大学応用美術学部彫刻科を卒業すると、彫刻から絵画に転じ、精力的に制作し、作品を発表し続けている。伝統的なヨーロッパの油絵の技法を駆使しながらも、現代のわれわれの心に静かに訴えかけてくるメッセージを備えている。セルビア国内はもとよりヨーロッパ各地の美術館でも発表し、2013年には日本でもはじめての個展を開催している。セルビアの現代美術を代表する画家である。
 
 
 
ーシャ・マリャノヴィッチ
 
 1976年セルビア、マイダンペクに生まれ、2006年ベオグラード大学美術学部修士課程修了。素描、絵画、映像、オブジェなど表現は多岐に渡るが、一貫して社会や家庭における人間関係を洞察するドキュメンタリータッチの作品である。セルビアで期待される新進気鋭の作家である。
 
 
 
倉重光則
 
 1970年代初めから、今日に至るまで光(ネオン、蛍光灯)を素材として使い、矩形の絵画を思考してきた作家である。常に絵画はどうあるべきか、いう問いを自らに問い続けて、ヴィデオ作品も手がけ、空間を意識している。海外でも活躍しており、アメリカ、ドイツ、スイス、タイ、中国で、作品を発表している。昨年、岡山県の奈義町現代美術館での個展は青の部屋と赤のヴィデオの部屋が対比をなし、反響をよんだ。
 
 
 
吉岡まさみ
 
 1956年山形県生まれ。1981年に学芸大学を卒業。絵画やインスタレーションに加え、テープインスタレーションと呼ばれる独自のスタイルを築きあげ、時間、空間、意識の概念に対する独特のアプローチが特徴づけるユニークな作品を30年に渡り精力的に作りだしている。作家活動の傍ら、2011年よりSteps Galleryを運営。多くのアーティストの育成に尽力し、セルビア、韓国、中国、ドイツ等のアーティストを日本に紹介する企画を取り入れ、文化交流に力を入れている。 
 
 
 

サーシャ・マリアノヴィッチ、吉岡まさみ、倉重光則、ミラン・トゥーツォヴィッチ

 

 
セルビアで開催された展覧会の様子
 

印刷用
ニュース
コンティッチ臨時代理大使が防府市を訪問(2017/07/17-18)
セルビアのギター職人、ゾラン・パンティッチさんのギターを日本で
「ザ・ノー・スモーキング・オーケストラ」の来日ライブが決定
『世界の果てまでイッテQ! 』でセルビアが紹介されました
バレーボール女子セルビア代表が来日します
マリヤーナ・アンジェリッチさんの作品が展示
品川区立浜川小学校で「グローバル給食」を堪能(2017/07/04)
セルビア人アーティストの作品を展示 企画展「FAVORITE 2017」
セルビアが『世界の果てまでイッテQ! 』で紹介されました
バレー女子セルビア代表選手がJTマーヴェラスに入部
日本・セルビア演劇交流プロジェクト『ビザール〜奇妙な午後~』のご案内
セルビアの選手が銅メダル 重量挙げの世界ジュニア選手権
料理を通して学ぶセルビア
クストリッツァ監督の映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』が9月に公開
写真展「Waking Belgrade」の内覧会が開催されました(2017/06/15)
「日本セルビア135周年懇親会」を開催(2017/06/12)
写真展『Walking Belgrade』のご案内
大使館訪問で生徒たちと交流
エミール・クストリッツァ映画監督の小説『夫婦の中のよそもの』が発売
ネマニャ・ラドゥロヴィチ来日公演のお知らせ
BS-TBS「世界一周 魅惑の鉄道紀行」でセルビアが取り上げられました
「収穫祭」は大盛況 ご来場ありがとうございました
セルビア大使館ブース出展のお知らせ(2017/05/27-28)
セルビアでのビジネスミッションのご案内  ※5/19申込み締切
セルビア開発庁が日本人派遣インターンを募集(2017年9月 ‐ 2018年2月 最大5か月)
「セルビア・日本現代美術交流展 - LIFE and DEATH -」開催のお知らせ
鶴見大学附属中高の生徒が大使館を訪問(2017/03/30)
セルビア王室ワインを紹介(2017/03/7-11)
雑誌『BRUTUS』にセルビア大使館が登場
セルビア大使館のストラップが大賞を受賞
飯田OIDE長姫高校商業科の授業に参加しました(2017/02/23-24)
九段中等教育学校の生徒が大使館訪問(2017/02/17)
セルビア共和国ナショナルデー祝賀会を開催(2017/02/15)
東欧演歌国際フォーラムのご案内
「日本セルビア映画祭 大阪上映会2017」のご案内
八王子市立南大沢中学校の生徒が大使館を訪問(2017/02/10)
篠崎第二小学校の6年生が大使館を訪問(2017/01/27)
堺中学校の生徒が大使館訪問(2017/01/27)
マリヤーナ・アンジェリッチさんの作品が展示されます
ミレンコ・ステヴァノヴィッチさんの個展のご案内
セルビア人画家の作品を展示 ~International Art Circle 和 no.2~
中国国民に対するビザ免除のお知らせ
新年あけましておめでとうございます
子どもたちにセルビアを紹介 江戸川区立篠崎第二小学校(2016/12/06)
熊野東中学校の生徒が大使館を訪問しました(2016/12/06)
書籍『東京まで、セルビア Srbija do Tokija』が刊行されました
アコーディオン・パフォーマー、ミシュコ・プラヴィの来日ツアー2017
『戦争と子ども』刊行記念イベントのお知らせ
セルビア共和国大使館賞を授与 第42回現代童画展(2016/11/12)
日本セルビア映画祭2016のご案内
日文研フォーラム「セルビア・アバンギャルド詩と『日本の古歌』」のお知らせ
2021年の「欧州文化首都」にノヴィ・サドが選ばれました
「あわじアートサーカス2016」にセルビアのアーティストが参加します
セルビアと日本のアートグループによる展示会のご案内
高校野球セルビア代表チームが来日します
「知りたい!セルビアのアートと文化」開催のお知らせ
セルビア観光局が「ツーリズムEXPOジャパン」に参加します
「大井どんたく夏まつり」に参加しました(2016.08.28)
セルビアチーム リオ五輪メダル獲得者一覧
日本セルビア協会の公式サイトがオープン
「大井どんたく夏まつり」に特別ブースを出展します
セルビア人チームが出場します 3人制バスケ国際大会「FIBA 3x3 World Tour Masters」
『月刊錦鯉』7月号にセルビア共和国大使館の記事が掲載
「FAVORITE 2016」 セルビア人作家が参加します
セルビア大使館のイベントがメディアで特集されます
バレーボール女子セルビア代表が来日します
グリシッチ大使が青山学院大学で講義(2016/06/16)
「りっかりっか*フェスタ2016 in 東京」にセルビアの作品が公演されます
丸岡南中学校の生徒が大使館訪問(2016/06/02)
長岡市の錦鯉がセルビア大使館にやってきました(2016/05/30)
「シネマ・ユーゴ2016」でセルビア映画が上映されます
セルビア大使館ブースを出展しました(2016/05/28-29)
セルビア出身のサウンドアーティストが来日ライブ
セルビア大使館ブース出展のお知らせ(2016/05/28-29)
セルビア開発庁が日本人派遣インターンを募集 ※5/26申込み締切
セルビア大使館でバザーを開催します(2016/05/22)
大使館コンサートのご案内(2016/05/13)
セルビアのブラスバンドに関する写真展
写真家ミリツァ・ニコリッチさんの作品が展示されます
セルビアアート展のオープニングレセプションが開催されました(2016/04/10)
セルビア観光センターが東京・新橋に開設
セルビアアート展 桜の小平で開催決定
ピアニストのサーニャ・ビズヤクさんが来日しました
コンティッチ参事官が柏崎市を訪問(2016/03/17-18)
ピアニスト、サーニャ・ビズヤクさんの来日公演のお知らせ
「life is beautiful ドラガン・バーボヴィッチ展」のお知らせ
OAK 展示会 in 滋賀 魂のセルビア芸術と日本文化の出会い
セルビア戯曲「ビザール」 リーディング上演のお知らせ
セルビア映画が上映されます ヨコハマ・フットボール映画祭2016
エミール・クストリッツァ監督作品上映のお知らせ(追記)
八王子市立南大沢中学校の生徒が大使館訪問(2016/02/09)
九段中等教育学校の生徒が大使館訪問(2016/01/22)
NHK「妄想ニホン料理」でセルビアが紹介されます
ニュース