| |     latinica | english  
トップ
セルビア観光局
SIEPA

 

   
 
大使館のご案内
Opening hours
9:00 – 17:00 (Month - Gold)
9:00 – 13:00 (Consular business hours)
* Closed on Saturdays , Sundays, public holidays and Serbian public holidays .
 
address
4-16-12 Takanawa, Minato-ku, Tokyo 108-0074
 
Telephone
03-3447-3571
 
FAX
03-3447-3573
 
E-mail
Inquiries in English and Serbian
srb.emb.japan@mfa.rs
 
Inquiries in Japanese
 
site
 
Twitter
 

 
Expo2025大阪・関西万博のセルビア共和国パビリオン建設に関する入札公募

Expo2025大阪・関西万博のセルビア共和国パビリオン建設に関する入札公募が、セルビア共和国政府(内外通商省)のウェブサイトに掲載されましたのでお知らせいたします。詳細については以下のリンクをクリックしてください:https://must.gov.rs/tekst/en/4497/expo-2025-osaka.php


能登半島地震を受けて石川県と日本赤十字社が被災地への義援金の受け付けを開始

 

石川県および日本赤十字社では、2024年1月1日に発生した能登半島地震の被災地への義援金の受付を開始しました。詳細につきましては以下をご参照ください。受付は2024年12月27日までとのことです。

 

1 石川県 ※受付期間:2024年1月4日(木)から2024年12月27日(金)まで。 

 
(1)石川県庁 (Ishikawa Prefecture) 
 
①北國銀行 (Hokkoku Bank) 
 
県庁支店 普通預金 口座番号28593 
 
口座名義 石川県令和6年能登半島地震災害義援金 
 
②ゆうちょ銀行及び郵便局 (Japan Post Bank) 
 
口座番号 00100-8-452361 
 
加入者名 石川県令和6年能登半島地震災害義援金 
 
 
 
(2)日本赤十字社石川県支部(Japanese Red Cross Society, Ishikawa Prefecture Branch) 
 
北國銀行 県庁支店 普通預金 口座番号28580 (Hokkoku Bank) 
 
口座名義 日本赤十字社石川県支部支部長馳浩 
 
 
 
(3)石川県共同募金会(Ishikawa Prefecture Kyodo Bokin) 
 
北國銀行 県庁支店 普通預金 2860 (Hokkoku Bank) 
 
口座名義 社会福祉法人石川県共同募金会令和6年能登半島地震災害義援金 
 
 
 
2 日本赤十字社 (Japanese Red Cross Society) 
 
(1)ゆうちょ銀行・郵便局 (Japan Post Bank) 
 
受付期間:2024年1月5日(金)から2024年12月27日(金)まで 
 
口座記号番号 00150-7-325411 
 
口座加入者名 日赤令和6年能登半島地震災害義援金 
 
 
 
(2)それ以外の金融機関 (Other accounts) 
 
受付期間:2024年1月5日(金)から2024年12月27日(金)まで 
 
三井住友銀行 すずらん支店 普通  2787501 (Sumitomo Mitsui Banking Corporation) 
 
三菱UFJ銀行 やまびこ支店 普通  2105493 (MUFJ Bank) 
 
みずほ銀行  クヌギ支店  普通  0620669 (Mizuho Bank) 
 
口座名義はいずれも「日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)」 
 
 
 
【Overseas Remittance】 
 
※Please note that not all the currencies are accepted. 
1  Ishikawa Prefecture 
Information for Donation Bank Account: 
 
NAME OF BANK: THE HOKKOKU BANK, LTD. 
 
NAME OF BRANCH: KENCHOU BRANCH 
 
SWIFT CODE: HKOKJPJT 
 
ACCOUNT NO.: 103-0028593 
 
BENE’S NAME: ISHIKAWAKENREIWA6NENNOTOHANTOUJISHINSAIGAIGIENKIN 
 
BENE’S ADDRESS: 1-1 Kuratsuki Kanazawa Ishikawa 920-8203 Japan 
 
 
 
2  Japanese Red Cross Society 
Information for Donation Bank Account: 
 
NAME OF BANK: SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION 
 
NAME OF BRANCH: GINZA BRANCH 
 
SWIFT CODE:SMBCJPJT 
 
ACCOUNT NO.: 026-8727273 
 
BANK ADDRESS:6-10-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo, 104-0061, Japan 
 
BENE’S NAME: Japanese Red Cross Society 
 
BENE’S ADDRESS: 1-1-3, Shiba Daimon, Minato-ku, Tokyo, Japan 
 
BENE’S PHONE NO.:+81-3-3438-1311 
 
 
 
 【For reference】related Website (links in Japanese only) 
 
Ishikawa Prefecture  
 
“Disaster relief donations for the 2024 Noto Peninsula Earthquake” 
 
 
 
 
Japanese Red Cross Society 
 
“Disaster relief donations for the 2024 Noto Peninsula Earthquake (Ishikawa, Toyama, Niigata Prefecture)” 
 
 
 

 
 
セルビア建国記念日に伴い、大使館が功労のあった個人・団体に表彰状を授与(2024/2/15)
 
セルビア建国記念日を祝してのレセプションが大使館にて開催され、文化、科学、教育、医療、スポーツの各分野で日本におけるセルビアの知名度向上や両国の交流促進に貢献した個人・団体に対し、セルビア共和国大使館より表彰状が授与されました。
 
コヴァチュ大使は挨拶の中でセルビアと日本の長きにわたる二国間関係を振り返り、その絆は政治的対話と交流の継続だけではなく、進化するビジネス環境や質の高い対人関係によっても強化されてきたと述べました。また友好関係の基盤は主に両国の人々の緊密な接触に基づく深い連帯感にしっかりと根ざしており、その友好関係は華やかな架け橋となって、文化、科学、教育、スポーツの分野における相互理解と結びつきを強めていると強調しました。またこの機会に、日本でのセルビアの認知度向上や、交流・協力の深化に精力的に取り組み、両国の友好に計り知れない貢献をしている個人や団体の功績を紹介したい、と語りました。
 
今回表彰状を授与されたのは以下の個人の方々および団体です;
EUジャバンフェスト日本委員会実行委員長の 隅修三様(欧州文化首都ノビサドの開催期間中における文化分野での日本・セルビア間の交流への貢献に対して)
EU・ジャパンフェスト実行委員会(文化分野での日本・セルビア間の交流への貢献に対して)
STEPSギャラリー(文化分野での日本・セルビア間の交流への貢献に対して)
ポータル「マイ・セルビア」(文化分野での日本でのセルビアの認知度向上への貢献に対して)
美術史家の嶋田紗千氏(文化分野での日本でのセルビアの認知度向上への貢献に対して)
東洋英和女学院大学講師の町田小織氏(文化分野での日本でのセルビアの認知度向上への貢献に対して)
日本セルビア協会(ニコラ・テスラ没後80周年記念イベントの開催ならびに 日本におけるニコラ・テスラの業績と人柄の普及への貢献に対して)
防府市(ニコラ・テスラ没後80周年記念イベントの開催ならびに 日本におけるニコラ・テスラの業績と人柄の普及への貢献に対して)
テスラ研究所(ニコラ・テスラ没後80周年記念イベントの開催ならびに 日本におけるニコラ・テスラの業績と人柄の普及への貢献に対して)
ジャーナリスト・作家の木村元彦氏(メディア分野での日本でのセルビアの認知度向上への貢献に対して)
サッカーセルビア代表コーチの喜熨斗勝史氏(スポーツ分野におけるセルビアと日本の交流促進に対して)
神戸市外国語大学准教授の岡野要氏(日本におけるセルビア語普及への貢献に対して)
東京大学医科学研究所附属病院と藤堂具紀、田中実両教授(医療分野におけるセルビアと日本の交流促進に対して)
受章された方々は、この栄誉に感謝の意を表するとともに、今後も二国間関係の発展に貢献していくことを強調しました。
 
レセプションには、受章者のほか、受章者の家族や友人、そして乾杯の音頭をとられた上山直英在阪セルビア共和国名誉総領事もご出席されました。
 
続きを読む
コヴァチュ大使、美術史家の嶋田紗千氏によるセルビアのフレスコ画修復プロジェクトに関する講演会に出席(2024/2/12)
 
アレクサンドラ・コヴァチュ大使は2月12日、日本ハリストス正教会主催の下に開催された、世界遺産「スターリ・ラスとソポチャニ」を構成するジュルジェヴィ・ストゥポヴィ修道院ドラグティン王礼拝堂のフレスコ画修復プロジェクト(2021-2022年)、およびヴェリキ・クルチミル昇天聖堂のフレスコ画修復プロジェクト(2022-2023年)に関する美術史家の嶋田紗千氏による講演会に出席しました。
 
講演会には日本ハリストス正教会よりセラフィム府主教座下をはじめ神父の方々がご列席され、また上山直英セルビア共和国名誉総領事、平下治日本セルビア協会副会長、その他セルビアの友人の方々も出席されました。
 
参加者は、中世セルビアの創造性と精神的遺産の豊かな歴史、セルビアの修道院における聖職者の生活、コソボ・メトヒヤにおけるセルビアの宗教的モニュメントに関する課題など、セルビアの宗教遺産の保存と保護における日本の専門家の支援について学ぶ機会を得ました。ドラグティン王礼拝堂の修復作業を記録した短編ドキュメンタリーも上映されました。
 
聴衆の方々も質疑応答で、セルビアとその遺産に対する強い関心を示していました。
 
続きを読む
日本のビジネスウーマンを対象としたメンタリング・プログラム (2024/2/9)
 
アレクサンドラ・コヴァチュ大使は「特定非営利活動法人ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク」からの依頼により今年も3年連続で、各企業高位にあるビジネスウーマンを対象としたプログラム参加者のメンターを務めることとなりました。新しいメンティーとして大使館に迎えられたのは鴫谷あゆみさん(東京ガス)、川崎恭子さん(DACホールディングス)、奥谷恭子さん(トーマツ)のお三方です。
 
ディスカッションでは日本における男女平等の現状やインクルーシブを中心に、企業文化における課題や女性をめぐる諸問題全般について意見を交換しました。参加者はそれぞれのキャリアについて語り、コヴァチュ大使との協力関係を通じて、様々な障害を乗り越え、企業や社会で活躍する能力を更に伸ばしたいと抱負を語りました。
 
コヴァチュ大使は、日本の女性をめぐる企業文化の発展とリーダーシップを支援するこのプログラムに再び参加する機会を得たことに満足感を示しました。大使はまたセルビアにおける女性活躍の機会についても紹介し、本プログラムにおける今後の活動について提案をしました。
 
続きを読む
外務省
最新ニュース 
お知らせ 
フォトギャラリー 


国民議会

大統領

政府

外務省