| |     latinica | english  
トップ
セルビア観光局
SIEPA

 

   
 
大使館のご案内
Opening hours
9:00 – 17:00 (Month - Gold)
10:00 – 13:00 (Consular business hours)
* Closed on Saturdays , Sundays, public holidays and Serbian public holidays .
 
Address
4-16-12 Takanawa, Minato-ku, Tokyo 108-0074
 
Telephone
03-3447-3571
 
FAX
03-3447-3573
 
E-mail
Inquiries in English and Serbian
srb.emb.japan@mfa.rs
 
Inquiries in Japanese
 
site
 
Twitter
 

 
Expo2025大阪・関西万博のセルビア共和国パビリオン建設に関する入札公募

Expo2025大阪・関西万博のセルビア共和国パビリオン建設に関する入札公募が、セルビア共和国政府(内外通商省)のウェブサイトに掲載されましたのでお知らせいたします。詳細については以下のリンクをクリックしてください:https://must.gov.rs/tekst/en/4497/expo-2025-osaka.php


能登半島地震を受けて石川県と日本赤十字社が被災地への義援金の受け付けを開始

 

石川県および日本赤十字社では、2024年1月1日に発生した能登半島地震の被災地への義援金の受付を開始しました。詳細につきましては以下をご参照ください。受付は2024年12月27日までとのことです。

 

1 石川県 ※受付期間:2024年1月4日(木)から2024年12月27日(金)まで。 

 
(1)石川県庁 (Ishikawa Prefecture) 
 
①北國銀行 (Hokkoku Bank) 
 
県庁支店 普通預金 口座番号28593 
 
口座名義 石川県令和6年能登半島地震災害義援金 
 
②ゆうちょ銀行及び郵便局 (Japan Post Bank) 
 
口座番号 00100-8-452361 
 
加入者名 石川県令和6年能登半島地震災害義援金 
 
 
 
(2)日本赤十字社石川県支部(Japanese Red Cross Society, Ishikawa Prefecture Branch) 
 
北國銀行 県庁支店 普通預金 口座番号28580 (Hokkoku Bank) 
 
口座名義 日本赤十字社石川県支部支部長馳浩 
 
 
 
(3)石川県共同募金会(Ishikawa Prefecture Kyodo Bokin) 
 
北國銀行 県庁支店 普通預金 2860 (Hokkoku Bank) 
 
口座名義 社会福祉法人石川県共同募金会令和6年能登半島地震災害義援金 
 
 
 
2 日本赤十字社 (Japanese Red Cross Society) 
 
(1)ゆうちょ銀行・郵便局 (Japan Post Bank) 
 
受付期間:2024年1月5日(金)から2024年12月27日(金)まで 
 
口座記号番号 00150-7-325411 
 
口座加入者名 日赤令和6年能登半島地震災害義援金 
 
 
 
(2)それ以外の金融機関 (Other accounts) 
 
受付期間:2024年1月5日(金)から2024年12月27日(金)まで 
 
三井住友銀行 すずらん支店 普通  2787501 (Sumitomo Mitsui Banking Corporation) 
 
三菱UFJ銀行 やまびこ支店 普通  2105493 (MUFJ Bank) 
 
みずほ銀行  クヌギ支店  普通  0620669 (Mizuho Bank) 
 
口座名義はいずれも「日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)」 
 
 
 
【Overseas Remittance】 
 
※Please note that not all the currencies are accepted. 
1  Ishikawa Prefecture 
Information for Donation Bank Account: 
 
NAME OF BANK: THE HOKKOKU BANK, LTD. 
 
NAME OF BRANCH: KENCHOU BRANCH 
 
SWIFT CODE: HKOKJPJT 
 
ACCOUNT NO.: 103-0028593 
 
BENE’S NAME: ISHIKAWAKENREIWA6NENNOTOHANTOUJISHINSAIGAIGIENKIN 
 
BENE’S ADDRESS: 1-1 Kuratsuki Kanazawa Ishikawa 920-8203 Japan 
 
 
 
2  Japanese Red Cross Society 
Information for Donation Bank Account: 
 
NAME OF BANK: SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION 
 
NAME OF BRANCH: GINZA BRANCH 
 
SWIFT CODE:SMBCJPJT 
 
ACCOUNT NO.: 026-8727273 
 
BANK ADDRESS:6-10-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo, 104-0061, Japan 
 
BENE’S NAME: Japanese Red Cross Society 
 
BENE’S ADDRESS: 1-1-3, Shiba Daimon, Minato-ku, Tokyo, Japan 
 
BENE’S PHONE NO.:+81-3-3438-1311 
 
 
 
 【For reference】related Website (links in Japanese only) 
 
Ishikawa Prefecture  
 
“Disaster relief donations for the 2024 Noto Peninsula Earthquake” 
 
 
 
 
Japanese Red Cross Society 
 
“Disaster relief donations for the 2024 Noto Peninsula Earthquake (Ishikawa, Toyama, Niigata Prefecture)” 
 
 
 

 
 
東洋英和女学院大学生涯学習センターにてセルビアに関するプレゼンテーションを実施(2024/5/21)
 
セルビア大使館は今年も東洋英和女学院大学との協力のもと、同学の六本木キャンパスで町田沙織講師が担当する学生・市民のための生涯学習講座の一環として、セルビアに関するプレゼンテーションを行いました。
 
5月21日、大使館の協力者である長門ティヤナは、13名の受講者を前に、セルビアの文化遺産や習慣、観光、日本との関係、スポーツ、食などについて、日本語でプレゼンテーションを行いました。
 
続きを読む
NPO法人「J-Win」メンタープログラム受講者と青山学院大学学生とのディスカッション(2024/5/15)
 
5月15日、青山学院大学との協力のもと、NPO法人「J-Win」のビジネスウーマン向けメンタープログラムの受講者とコヴァチ大使の参加したディスカッションが当大使館で開催されました。
 
デロイト・トーマツ・グループの奥谷恭子氏と東京ガスiネットの鴫谷あゆみ氏に加え、政治・経済におけるジェンダー平等の推進に関する今回の議論には、青山学院大学から2年続けて2人の教授と11人の学生が参加しました。ちなみに同学はベオグラード大学と協力協定を締結しています。
 
ディスカッション冒頭の挨拶で、コヴァチュ大使は学生たちの参加に感謝の意を表し、大使館でのディスカッションはまさに彼らの将来のキャリア構築を支援し、社会における若者の役割を強化するという考えのもとに組織されたものだと述べました。大使はまた「J-Win」メンタープログラムの目指す目標や、SDGsの目標5となっているジェンダー平等の達成に向けてのセルビアの進展ぶりや成果について話しました。
 
これに続いた活発な議論の中で、プログラムの受講者たちはキャリアの進展中に自らが直面した経験や課題を共有しました。また日本社会における女性のさらなるエンパワーメントの必要性に応えるための現在みられている実践や取り組み、および企業での事例についても言及しました。参加した学生たちは、家庭や社会、教育の現場での観察と経験を発表しました。学生たちはまた、世界および国内でのジェンダー不平等の原因、セルビアの外交界および社会における女性のエンパワーメントをめぐる現状、ならびにジェンダー差別に対する既存の法制的解決策および仕事と家庭のバランスを支援するための対策などについて関心を示していました。
 
続きを読む
大使館でセルビアの国家シンボルをPR(2024/5/13)
 
5月13日、NGO「国歌の輪」の協力のもと、セルビア国歌「正義の神よ」の歴史や演奏を通してセルビアを知ってもらうことを目的としたプロモーションイベント、「国歌を通してセルビアを知ろう」が大使館で開催されました。
 
冒頭、イヴァナ・ゴルボヴィッチ=ドゥボカ公使が参加者を出迎え、同NGO代表者の発案に感謝しながら、セルビアと日本の長い二国間関係、そしてセルビアの国歌が歴史の中でどのような変遷をたどってきたかについて話しました。また今回のイベントが参加者、同NGOメンバーにとって、セルビア国家のシンボルを知り、その国歌を学ぶまたとない機会となったことに謝意を表明しました。
 
大使館の長門ティヤナがセルビアについて日本語でプレゼンテーションを行い、同NGO創設者である淺見良太氏がセルビアの国歌を紹介し、お終いには45人の参加者で一緒に斉唱しました。
 
続きを読む
外務省
最新ニュース 
お知らせ 
フォトギャラリー 


国民議会

大統領

政府

外務省